はんなり京都

はんなりの意味とは?

はんなりは「華やかで上品さと気品も兼ね備えている様子」を指します。この言葉は、美しい京都の女性や舞妓さんを形容する際に頻繁に使われます。

他にも、「粋で知的な様」「明るく鮮やかである様」「陽気な明るさ」
「すかっとした様」「落ち着いた様」など、広い意味を含む京都弁です。

京都らしい響きを真似てみましょう。京都人にとって「はんなり」は

最高の褒め言葉です。美に厳しい京都人に認められたことを

素直に喜びましょう。

気になるニュース

雑記帳

売れ筋商品ご紹介

はんなり京都情報

お知らせ

はんなり京都

京都3月の【歳時記】を掲載しました。2月24日(土)

創業88年、京つけものニシダやのお漬物の紹介

京つけものニシダやでは、常時40種類以上の商品を取り扱っております。

株式会社祇園辻利は、1860年に創業した京都市に本社を置く
日本の老舗抹茶菓子店です。

「辻利」の屋号で、宇治茶の製造・販売、抹茶スイーツの
製造・販売を行っています。

京都きもの友禅は、創業120年以上の歴史を誇る、京都の老舗呉服店です。

振袖、訪問着、小紋など、幅広い種類の着物を販売しています。

京都歳時記などを紹介しています。

最新の投稿

  • 京都3月の【歳時記】
    1日春の人形展(~4月3日)宝鏡寺尼門跡宝鏡寺は人形寺として知られる。歴代皇女が住持をつとめた同寺には、遺愛の人形が数多く残されており、この期間に公開される。 2日関白忌(創建者藤原頼道忌日法要)平等院 3日雛祭り・桃の […]